早漏を改善したい方に

本サイトをご覧しているあなたに、まず一言。

 

「おめでとうごさいます。」

 

いきなりで驚かれたでしょう。しかし、この言葉ほど、今のあなたにピッタリな言葉はありません。あなたは今、早漏に悩んでいるはずです。思いとは裏腹に、何をどうやってみても、愛する女性と長く愛し合えないことで、数々のみじめな思いを経験し、自分を呪い、わらをもつかむ思いで本サイトをご覧している方も少なくないでしょう。それなのに、なぜおめでとうなのか?それをこれから説明させてください。

 

このおめでとうには3つの理由があります。

 

まずひとつめ。それはあなたが、素晴らしい資質の持ち主だからです。なぜなら早漏とは、性的感受性に優れているということです。それは、「感じるエネルギー(=性エネルギー)」が敏感ということなのです。後ほど詳しく説明しますが、性エネルギーが敏感ということは、セックスに圧倒的に有利です。今は、感じるエネルギーが敏感すぎて、それを自分でコントロールできていないだけなのです。これまでは、早漏というマィナス面だけがクローズアップされてしまい、あなたが持って生まれた計り知れない潜在能力に気がつかなかっただけなのです。早漏という現象は、優れた資質がいたずらに咲かせてしまったあだ花にすぎません。早漏を克服し、そのパワーをコントロールできるようになれば、最強の力を手にすることができるのです。

 

問題は、暴れん坊の敏感なエネルギーをどうコントロールすればいいのか、ということですが、実はあなたは、本サイトを閲覧しただけで、もう早漏克服に半分成功したも同然なのです。これがふたつめのおめでとうです。気休めを言っているのではありません。早漏に悩む男性たちは、人知れずさまざまな方法を試します。けれども、彼らのほとんどは、涙ぐましい努力のかいなく討ち死にしてしまう。なぜか?それは既存の早漏克服法が間違っていたからです。裏風俗史の中でまことしやかに連綿と伝承されてきた早漏克服法なるものは、性科学的根拠などないデタラメな方法ばかりなのです。役に立たなくて当然です。本サイトでは、先述した性エネルギーの概念を初めて取り入れて私が独自に開発した画期的な早漏克服トレーニング法を、あますところなく開陳します。指示に従つてトレーニングしていただければ、期間には個人差がありますが、誰でも必ず克服できると断言します。繰り返しますが、これまであなたが何を試してみてもダメだったのは、方法が間違っていたからです。はつきりさせておきたいのは、早漏は「不治の病」でもなければ、「そういう体質」でもないということ。あきらめることなどありません。正しい知識と方法に基づき、しっかりとトレーニングを積めば、単に「長持ち」になるだけではなく、強力なパワーを操れるようになるのです。

 

これほどに私が、あなたの早漏克服に自信を持つのはなぜだと思いますか?それは、本サイトで紹介するのは、すべて私自身が、自分の早漏を克服するために編み出し、わが身をもってその驚くべき効果を実感したトレーニング法だからです。

 

何を隠そう、以前の私は、超のつく早漏でした。このトレーニング法を編み出す37歳まで、「たった3分」どころか「たった1分」も持ちませんでした。三擦り半も日常茶飯事。接して漏らさず、という言葉がありますが、私は「接せず漏らす」こともたびたびでした。もしも早漏選手権があれば、間違いなく日本代表候補になれるスピードを誇っていました。その私でも克服できたのです。あなたができないわけがありません。今では私は、1時間でも2時間でも好きなだけ愛し合えるスキルを手にしました。1時間、2時間と軽く言いましたが、「たった1分」が無理だった頃の自分には、とても想像もできない時間です。おそらく「たつた3分」の男性には信じられないでしょう。そしてあなたも今、こう思つているはずです。

 

「たつた3分でも必死なのに、2時間以上なんて自分にはとても無理だ」と。

 

早漏に悩む男性のほとんどが、ひとつ大きな誤解をしています。それは、時間に対する誤解です。早漏に悩む男性は、とにかく今より1分でも1秒でも「長持ち」したいと思っています。私もそうでしたから、本当にその気持ちはよくわかります。どうしたらイカないように我慢できるか?と。そうではないのです。我慢しながらするセックスが楽しいはずがありません。あなたがこれから手にしようとしているのは、2時間でも平気な「長持ち力」ではなく、いつでも好きなタイミングで射精できる「コントロール力」なのです。

 

今までの何倍も強くて深い快感を好きなだけ味わいながら、愛する女性に性の喜びを存分に与え、お互いに最高のタイミングで最高のクライマツクスを迎える。夢物語ではありません。それこそが、敏感な性エネルギーの持ち主であるあなたの真の姿なのです。

 

超早漏時代、私は自分を恨みました。本当に死にたいくらいみじめな思いもしました。しかし今では、超早漏だつたことに感謝しています。なぜなら、超早漏でなければ、「性エネルギー」の存在に気づくことはなかったからです。当然、自分も、この世にありませんでした。それほどに性エネルギーは、セックスと濃密な関わりを持っています。

 

本サイトは、「気」と「気功」に関する話を詳しく紹介しています。本サイトにおける「気」とは、まさに「性エネルギー」を指します。実はこれまで、気についてはあえてサラリと流してきました。早漏克服トレーニングにおいても、スローセックステクニックにおいても、「気のコントロール」は、メソッドの核心部にあります。それはそうなのだけれど、一般男性にとって、「気」という言葉が与えるイメージは、あやしげで得体のしれないものです。スローセックスの普及には、かえってマイナスになりはしないかという判断から、極力軽く触れる程度にとどめてきたというのがこれまでの経緯です。今回はその縛りを、解きます。性エネルギーを制する者が、セックスを制すると言っても過言ではないからです。気がコントロールできるようになれば、早漏というマイナスは一気にブラスに転じます。セックスにドラスティックな革命が起きます。しかし大逆転するのはセックスだけではありません。

 

人生も一変するのです。それが3つめのおめでとうです。すぐには信じてもらえないかもしれませんが、気がコントロールできるようになると、人の気持ちが読めたり、コントロールできるようになるのです。ウソのように恋愛や仕事がうまくいくようになります。簡単に言えば、成功をつかむことができるのです。

 

もう一度言います。早漏は資質です。そしてすべては早漏克服から始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*